バッハ(Johann Sebastian Bach)

1685-1750

バロック音楽の重要な作曲家の一人で、鍵盤楽器の演奏家としても高名であり、当時から即興演奏の大家として知られていた。
日本の音楽教育では「音楽の父」と称された。

ギターにおけるバッハの曲は、主にバイオリンやリュートのためにかかれた曲をギター用に編曲したものが多く、同じ曲でも色々な版が出版されており、また、バッハの音楽に対する解釈も様々であるため、演奏そのもの楽譜の版や演奏者によって特徴が出やすいのも特徴です。

フォローする